オナ禁中のムラムラを抑える方法。【初心者必見!】

オナ禁 ムラムラ対策オナ禁

どうも、カナン(@polish1yourself)です。

  • オナ禁中のムラムラがどうしても抑えられへん。
  • 我慢してもすぐリセットしてしまうから続かん。

オナ禁ってムラムラに耐えようとすると全然うまくいかなくてすぐリセットしがちですよね。

わかります。

僕もつい最近まで7年ぐらいオナ禁してたのに最高日数は50日ぐらいでした。

しかし、そこからオナ禁中のムラムラ対策をしっかり行うようになって平均オナ禁日数が劇的に伸びました。

この記事を書いている現在オナ禁日数は127日目です。

※299日まで記録を伸ばしました!

僕自身が実際に試してみて効果のあったムラムラ対策についてまとめていますので、ムラムラに耐えきれずリセットしがちな人は読んでみてください。

オナ禁中のムラムラを抑える方法

オナ禁中のムラムラをしっかり抑えることができれば、かなりオナ禁は楽になります。

耐えて耐えて耐えてオナ禁しようが、楽にオナ禁しようが得られる効果は同じなのでムラムラを抑えて楽しましょう。

 

エロの徹底排除

オナ禁中はとにかくエロを排除することでムラムラを抑えることができます。

エロは敵です。

オナ禁を始めると男のせいよくは中学生になるので、エロを放置した状態でオナ禁なんて不可能と言ってもいいでしょう。

あなたの周りのエロ要素を最低90日、排除してください。

オナ禁リセットのトリガーは徹底的に取り除くのがムラムラ対策の第一歩です。

個人的にやばいのがゲームや漫画だと思ってます。

ゲームもエロってほどではないけど性欲を地味に刺激してくるキャラ多いですよね。

漫画も同じく。

まずは日常的にエロが目に入らないようにするだけでもムラムラ対策にはなるので、部屋を片付けるのもいいでしょう。

 

テストステロンを抑える

オナ禁効果を高めるにはテストステロンを高めるのが大事です。

しかし、テストステロンを高めることでムラムラしてリセットしてしまっていては意味がないんですよね。

僕自身の感覚ですが、高テストステロンの状態で頻繁にオナ禁リセットしているよりもある程度テストステロンが低い状態でもリセットしてない状態の方が効果を得ることができます。

というわけでまずはあえてテストステロンを抑えてオナ禁を習慣化するところから始めましょう。

簡単に言いますと、

  • 大豆製品を積極的に摂る
  • 音楽をきく
  • 摂取カロリーを減らす

あたりを始めてみてください。

特に摂取カロリーを減らすのは効果が顕著で一気にムラムラを抑えられますよ。

 

早寝早起きする

早寝早起きはムラムラ対策にかなり効果的です。

やはりムラムラしやすいのって夜の自室だと思うんですね。

特に家族が寝静まって邪魔が入らない時間帯がやばいですよね。

なので夜は家族が寝る前に寝てしまいましょう。

早寝するだけでもかなりムラムラ対策になりますよ。

そして早く寝るためには早く起きる必要があります。

早起きすれば自然と夜は早い時間帯に眠くなるので、無理して早寝しなくて大丈夫になります。

 

親のセックスを想像する

身内のエロほど気分が下がることはないですよね。

僕は男兄弟しかいないので、兄妹に女の子がいてめちゃくちゃ美人の巨乳でスタイル抜群とかならわかりませんが。

しかし、流石に親のセックスで興奮する人は少ないでしょう。

気持ち萎え萎えです。

なのでもしムラムラ来た時は親のセックスを想像するのもあり。

ただ想像するのもきついって場合はやめておきましょう。

ムラムラ対策のためにメンタルに支障をきたすのはよくありません。

 

筋トレやHIITで心身ともに追い込む

「健全なる魂は健全なる精神と健全なる肉体に宿る」と僕が好きな漫画ソウルイーターでは言われています。

まさにその通りと思っていて精神と肉体がしっかり整っているからこそオナニーという無駄から抜けられると思うんですね。

筋トレやHIITなどで肉体をハードに追い込むことで魂が鍛えられ、オナニーから遠ざかることができるでしょう。

実際しっかりトレーニングしていると勝手にオナ禁日数が伸びたりします。

というかそもそも筋トレとかHIITで圧倒的な追い込みを行うとオナニーやる気がなくなっちゃうんですよね。

なので時間に余裕があるときはトレーニングやりまくりましょう。

トレーニングに集中することでオナニーから意識をそらすこともできますよ。

 

ジョギングする

一旦外に出てジョギングをしましょう。

きついかもしれませんが、30分ほどジョギングするとムラムラは消えます。

もちろんオナ禁初期は何度もムラムラするのでその度にジョギングに出かけてもいいでしょう。

筋トレやHIITと違うのは外出するから一時的に強制オナ禁状態になるということです。

家で体を動かしてもどうしてもムラムラが消えないという人はジョギングを試してみてください。

 

トイレに行く

放尿するとすっとムラムラが収まることが多いです。

尿が溜まってるとムラムラしやすいので、すぐにトイレに行くと行きましょう。

頻繁にトイレに行くためにも水を多めに飲むのはおすすめですね。

ついでにDHTを排出できると言われているので、オナ禁効果を高めることもできます。

僕は1日に水だけで最低2L、平均3Lほど飲んでいます。

 

瞑想する

ムラムラしてる時にじっと座ってるのは難しいかもしれないですが、ムラムラ対策に瞑想もありです。

人によっては即効性があります。

ただ最初は瞑想によって一つのことに集中するのは難しいので余計ムラムラしてしまうでしょう。

なのでムラムラしていないタイミングで瞑想してください。

瞑想は意志力を高める効果があるので、長期的にやってるとムラムラしたからリセットしてしまったというのを減らすことができます。

瞑想はテストステロンを高めるとも言われているので、オナ禁してるならついでに瞑想も習得していくといいでしょう。

 

趣味に没頭する

上記のムラムラ対策でどう頑張っても対策にならないレベルのムラムラが起きた時は趣味に没頭しましょう。

趣味というのはあなたがそれ一つに集中できることです。

僕の場合はゲームか漫画ですね。

趣味に没頭している時間だけはムラムラを抑えることができるでしょう。

最初はひたすら遊んでるだけで1日が終わってしまうかもしれませんが、それでもOK。

その後オナ禁に慣れてきてオナニーをしなくて良くなったら一気に成長を加速できますから。

まずは何よりもオナ禁の習慣化です。

まとめ:オナ禁中のムラムラを抑える方法はあらかじめ用意しておこう

オナ禁中のムラムラ対策はめちゃくちゃ大事です。

リセットしたらオナ禁効果なんて吹っ飛びますからね。

リセットの元になるのがなんと言ってもムラムラ。

まずは徹底的にムラムラ対策していきましょう。

 

AmazonKindleにてオナ禁者がテストステロンをぶち上げる方法についてまとめている本を出版しています。

僕の10年間のオナ禁中に調べて体験したことを元に書いています。

kindleの読み放題で読めるので興味がある人は読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました